川添硫来のFacebookや家族構成などプロフィール!ナタと包丁で父親殺害未遂!

川添硫来容疑者

2024年4月25日、ナタと包丁で父親の頭や腹を切りつけて殺害しようとしたとして、息子の川添硫来(24)が逮捕されました。

警察の調べに対し「父親を殺そうと思った」と証言しています。

川添硫来容疑者のFacebookなどSNSアカウントや家族構成などのプロフィールについてまとめました。

目次

事件の概要

2024年4月25日、ナタと包丁で父親の頭や腹を切りつけて殺害しようとしたとして、息子の川添硫来(24)が逮捕されました。

事件の詳細は以下の通りです。

警察によりますと、川添容疑者は4月8日午前4時ごろ、自宅で就寝中の40代の父親の頭と腹、背中や手をナタと包丁で複数回切りつけ、殺害しようとした疑いです。

警察の調べに対し「父を殺そうと思った」と話し、容疑を認めているということです。

父親は全治およそ2か月のケガをしましたが、命に別条はないということです。

川添容疑者は父親を含め家族5人で住んでいて、事件当時、家族が「息子がナタで父親をたたいていた」と110番通報していました。

川添容疑者もケガをして、父親とともに病院に運ばれ入院していました。

ケガの回復を待って25日、逮捕したものです。警察が当時の状況や動機を調べています。

福岡放送

事件発生は4月8日ということですが、
川添容疑者も怪我をして入院していたため2週間後に逮捕となったとのことです。

事件発生時に父親ともみ合って怪我をしたのでしょうか。

いずれにしても肉親を殺そうと思って実行するとは、どんな問題があったのか、動機の解明が待たれるところです。

事件現場は自宅

事件は佐賀県唐津市にある川添硫来容疑者の自宅で起こりました

川添硫来のプロフィール

  • 名前:川添硫来(かわぞえ りゅうき)
  • 年齢:24歳
  • 住所:佐賀県唐津市
  • 職業:会社員
  • 容疑:殺人未遂

川添硫来容疑者と被害を受けた父親は同居していました。

川添硫来のFacebook、インスタグラム、XなどSNSアカウント

【Facebook】
「川添硫来」名義のFacebookアカウントは3件みつかりました。どれもプロフィール情報や投稿は無く、顔写真などもありません。イラスト画像があるだけでテイストが酷似しており、川添硫来という珍しい氏名であることから、3件とも川添硫来容疑者のアカウントである可能性もあります。
⇩⇩⇩
川添硫来 – 検索結果 | Facebook

【インスタグラム】
上記Facebookアカウントと同じ花の画像がプロフィールに使用された「川添硫来」アカウントが1件ありましたが、投稿は0件のアカウントでした。
⇩⇩⇩
川添硫来(@liulaichuantian) • Instagram写真と動画

【X(Twitter)】
「川添硫来」の検索結果はありませんでした。

川添硫来の顔画像は?

現在川添硫来容疑者の顔画像は公開されていません。

わかりましたら追記します。

川添硫来の家族構成は?

川添硫来容疑者は、被害者の父親を含めた家族5人で住んでいたことがわかっています。

事件も同居家族によって110番通報されました。

川添硫来逮捕に対する世間の声

odl********まだ四十代の父親が24の息子に襲われる! どんな家族なのか想像付くね! 頑張って家族全員公正してね!無理かな。


夜明けの翼えー、なたや包丁で切りつけたのか。 そして、お父さんは生命に別状ないと。 すごい話や。 でも、死なせていたら大変なこと。  殺人未遂なら、また人生をやり直す時間がたっぷりあるよ。 まだ若いしね。 きっとそこまで思い詰めた事情があったんだろうな。

kac********会社員なら、アパートとか借りて自立すれば良かった。家族崩壊だし、親も引越ししなくてはダメだろうな。

今日も仕事明日も仕事ナタで複数回切りつけ腹を刺した。けど命に別状なしって、、、言葉はスゴイけど。

chi********じゃないと、普通こんな事はしないよね。何があったんや?


本日の戯言もう一緒には住めないね。

aru********そのお父さん、ある意味すごい生命力!


mohikan捕まる未来考えたら 家出て疎遠になればよかったのにな

Yahoo

まとめ

なにはともあれナタで頭と腹を切り付けられても父親が無事であったことに安堵です。

ですが「殺そうと思った」と肉親に対してそこまでの行動に出るとはよほど思いつめた事情があったのでしょう。

どのような背景があろうと、再びこのような事件が起こらないことを願います。

ムニー

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次