【画像】マシュー・ボウヤー何者?自身もギャンブル依存のブックメーカーで自己破産の過去も!

マシュー・ボウヤー

大谷翔平投手の通訳を務めてきた水原一平氏がドジャーズ球団から解雇されました。

水原一平氏が賭博を行ったのは違法とされる「ブックメーカー」で、その運営するのがマシュー・ボウヤーという人物です。

マシュー・ボウヤー氏は現在連邦局の取り調べを受けています。

このマシュー・ボウヤー氏とは一体どのような人物なのでしょうか?

そしてブックメーカーというものが何なのかについても関心が持たれています。

この記事では、

  • 大谷翔平の通訳・水原一平が解雇に至った概要
  • 【顔画像】賭博ブックメーカー運営のマシュー・ボウヤーは何者?
  • 【顔画像】賭博ブックメーカーのマシュー・ボウヤーの妻

こちらについて解説します。

目次

大谷翔平の通訳・水原一平が解雇に至った概要

2023年3月21日現在まで、確認されている事実は以下の通りです。

【2023年10月】

  • カリフォルニアで違法ギャンブル一掃のため大規模な捜査が行われた
  • マシュー・ボウヤ-氏の自宅が家宅捜索される
  • マシュー・ボウヤー氏および関係者に対し、大谷翔平さん銀行口座から複数回送金した履歴が確認される。

【2024年3月20日】

『ロサンゼルス・タイムズ誌」が以下ニュースを報道する

  • 大谷翔平さん弁護士が、「賭博のために水原一平氏が大谷選手の資金を流用した」と告発
  • ドジャーズが水原一平さんを解雇した

解雇報道が出たあと、水原一平さんは、

  • スポーツ賭博に手を染めて借金を作った
  • 大谷翔平口座から盗むかたちで450万ドルをマシュー・ボウヤーに送金し、返済に充てた
  • 賭博が違法だと知らなかった
  • 大谷翔平は一切ギャンブルには関与していない
  • 今後二度と賭博はやらない

こうコメントしています。

現在アメリカではブックメーカーによる賭博は州によって合法か違法かが分かれています。
カリフォルニア州では「違法」とされています。

一方のマシュー・ボウヤー氏は、ボウヤ-氏の弁護人を通じ大谷翔平さんに関して、

大谷翔平には会ったことも話したこともないし、連絡先も知らない。
いかなる形でも彼と接触したことは一切ない

と言っています。

ブックメーカーとは?


競馬,ドッグレース,サッカー,ボクシングなどのスポーツ競技のほか,選挙やミスワールドの選定などにつき,それらの結果を予想し,それを対象として,不特定多数の客を相手に,現金 (または信用) 取引による賭事行為を業とする私企業。

kotobank

端的に言うと、

サッカーや競馬、バスケ、野球など、スポーツ競技の結果を予想して賭ける場を提供する企業やサイト。
ノミ屋。

のことです。Bookie「ブッキー」とも呼ばれます。

ブックメーカーには合法のものもあり、水原一平さんは

以前、合法ブックメーカーである「DraftKings」を通じて賭博をしていたので、ボウヤー氏のブックメーカーも合法だと思っていた

とコメントしています。

【顔画像】違法賭博ブックメーカー運営のマシュー・ボウヤーは何者?

マシュー・ボウヤーのプロフィール

マシュー・ボウヤーのプロフィールは以下の通りです。

名前:マシュー・ボウヤ-/ MATTHEW BOWYER

生年月日:1975年1月1日(49歳)

住所:San Juan Capistrano, CA/ サン・ファン・カピストラーノ、カリフォルニア

職業:違法ブックメーカー運営、ギャンブラー

自宅があるとされるサン・ファン・カピストラーノは、ロサンゼルス近郊で富裕層に好まれる、オレンジカウンティの中でも一番古い町です。

マシュー・ボウヤー・自己破産の過去!

3月24日のワシントンポストでのマシュー・ボウヤーに関する記事内容を紹介します。

記事タイトル:

『How a bankrupt bettor became the bookie at the center of an MLB scandal』/
『破産した賭博師がどのようにしてブックメーカーになりMLBスキャンダルの中心的存在になったのか?』

【自己破産の過去】
現在マシュー・ボウヤーが住む、カリフォルニア州のオレンジカウンティの履歴にマシュー・ボウヤーの自己破産歴が載っています。

  • 自己破産時期:2011年
  • 自己破産額:425,000ドル(現在のレート換算でおよそ6500万円)
  • 原因:ラスベガスのカジノ

およそ2年間のカジノで計6500万円をスって自己破産していました。

この自己破産をした時、マシュー・ボウヤーは

The divorced father of four/離婚した4人の子持ちの父親

であったと書かれています。

後述の現在の妻は後妻で、マシュー・ボウヤーにはその前に離婚歴と4人の子供がいたようです。

自己破産したマシュー・ボウヤーは、破産後も

  • カジノで多額の賭けを続ける
  • カジノ側との間で、負債返済/不払い/訴訟など繰り返す
  • 個人間の借り入れ
  • 不透明な企業への多額投資

を繰り返しました。
カジノからの訴訟裁判は2023年においても継続中だそうです。

マシュー・ボウヤー自身がギャンブル依存であることは明白のようですね。

ブックメーカーになった時期は不明

マシュー・ボウヤーがブックメーカーを始めた時期は不明だそうですが、

2019年にはラスベガスに清掃会社を設立登記し、さらに

San Juan Capistrano, CA/ サン・ファン・カピストラーノに(現在居住するオレンジカウンティ)

  • 広大な敷地に地中海風の瀟洒な豪邸
  • 自宅近隣にブラジリアン武術のスタジオRYSK経営

を構えるまでになっていました。

2011年自己破産以降どうやってここまで成り上がったのか不明ですが、

2019年のこの一見する「富」も借金の上でのものなのかもしれませんし、

ここまでのギャンブラーとなると一体何が「実態」でなにが「虚像」なのか

もはや見分けがつかない人物だと言えます。

【水原一平氏とマシュー・ボウヤーとの出会い】

2人が出会ったのは2021年
南カリフォルニアでポーカーゲームの相手として知り合いました。

マシュー・ボウヤーは故意に水原一平氏に近付いたのか、偶然の出会いからカモにしたのか。
どちらだったのでしょうか。

【マシュー・ボウヤーの弁護人Diane Bass/ダイアン バス氏へのインタビュー内容】

下記は現在マシュー・ボウヤーの弁護人を務めるDiane Bass/ダイアン バス氏へのインタビューの内容です。

Mizuhara told ESPN that his losses were at least $4.5 million, butBass would not confirm that amount. She said his proximity to Ohtani is what made Bowyer willing to keep floating Mizuhara as the debts reached into the millions. “Because he was his best friend,” Bass said when asked why Bowyer would extend that sort of credit to a professional interpreter, whose salary was reportedly less than six figures.

The Washington Post
水原氏は負債額は450万ドルだと言っているが。

その額は確定ではない

ボウヤー氏はなぜ収入が6ケタの人物(水原氏の年収は$で6ケタ=円で〇千万クラス)の人間に7ケタの(億単位)の貸しを負わせたのか

水原が大谷の「親友」だからだ。大谷と近しい人物だから、水原の負債が億単位になっても泳がせておいた。

マシュー・ボウヤーによる陰謀説をほのめかす人も!

マシュー・ボウヤー

マシュー・ボウヤー氏は違法ブックメーカーとして名が知られており、
2023年10月に連邦捜査当局が捜査を開始する直前にある人からX(Twitter)で名指しされていました。

この投稿を行っている人物、Robin Hood 702は以前から違法ギャンブルブックメーカーなどに目を光らせてX(Twitter)に投稿してます。

Matthew Bowyer Illegal Bookie & Gambler. Why was MB allowed to gamble at Resorts World since it opened? Everyone at RW knew he what he did. It’s amazing! There are 3 other guys STILL playing at RWLV that are part of Bowyer’s illegal bookie ring. Where’s COMPLIANCE!

マシュー・ボウヤーは違法ブックメーカーでありギャンブラー。
マシュー・ボウヤーがなぜRWLV(リゾート・ワールド・ラスベガス)で賭博することが許されてるのか?
彼が何をやってるか、RWLVの誰もが知っている!
彼の他にもあと3人が依然RWLVで賭博をしている。
そいつらはマシュー・ボウヤーの違法ブックメーカーがらみの輪にいるやつらだ。
コンプライアンスはどうなってる?

Robin Hood 702

マシュー・ボウヤーとその周辺が、やりたい放題やっていた、野放しだったと暗に言っています。

違法に得た収益金を使ってラスベガスなどで合法賭博をするとマネーロンダリングになるため、
それをなぜ許すのだ、という意味での「コンプライアンスはどうなってるんだ?」という投稿だと思われます。

下記はつい最近の水原一平さん解雇の報道後に投稿されたX(Twitter)です。

大谷翔平の通訳とマシュー・ボウヤーが450万ドルを本当にただ全部溶かしたとみんな思うか!?
おいおいしっかりしろよ!

送金された450万ドルもの大金すべてが(純粋に)賭けの損失(溶けたお金)なのか?(そんなこと、信じるのか?)と、かなり含みのあるコメントをしているのです。

マシュー・ボウヤーは大谷翔平を狙って何かをしたのではないか?

と示唆しています。
Robin Hood 702はマシュー・ボウヤーを注視し続けてきた人物だけあって、裏まで読んでいるようですね。

マシュー・ボウヤー氏はロサンゼルスとラスベガスエリアを本拠地としていて、
ボウヤー氏と水原一平さんが関わりを持ち始めたのは、2021年からと言われています。

  • 水原一平さんとマシュー・ボウヤーの関係性は?
  • 450万ドルの内訳は何なのか?

謎は深まります。

【顔画像】賭博ブックメーカーのマシュー・ボウヤーの妻は?

マシュー・ボウヤーには妻がいることがわかっています。

いかにもオレンジカウンティのお金持ち妻といった感じですね。

マシュー・ボウヤーの妻のプロフィール

名前:ニコル・ボウヤー(Nicole Bowyer)

夫:マシュー・ボウヤー

職業:COCO ON THE GOのCEO

COCO ON THE GOとは:

COCO ON THE GO

フィットネスウェア中心のアパレルブランドです。ニコル・ボウヤーさんはそのCEOを務めています。

マシュー・ボウヤー氏の家族情報については妻のニコルさんまでで、子供の有無に関しては情報がありませんでした。

まとめ:ボウヤー氏は何者?大谷通訳の水原一平がハマった賭博ブックメーカー

450万ドルという、普通では考えられない額の借金を賭博で作ったということですが、そこまで額が膨らんだ理由は何なのでしょうか?

マシュー・ボウヤー氏はカリフォルニアとラスベガスを本拠地としている人物だということがわかりました。

そして違法ギャンブラーとしても悪名高い人物だということもわかりました。

水原一平さんはマシュー・ボウヤーがそのような危険な人物だと知らなかったのでしょうか?

水原一平さんとマシュー・ボウヤーとの関係性も一つの鍵となる気がします。

捜査の行方から目が離せません。

ムニー

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次